ニッタグループ|関西化工株式会社

ニッタグループ|関西化工株式会社

関西化工株式会社は品質・環境・労働安全衛生マネジメントシステムの認証を取得しています。

会社の沿革
会社の概要
CONCEPT
商品情報
交通アクセス
 
HOME  /  会社の沿革

1946年
昭和21年
松浦利太が神戸市長田区にて、松浦工業社を発足。
1948年
昭和23年
関西化工株式会社を設立。
ニッタ株式会社およびニッタグループ各社、東洋ゴム工業株式会社等と代理店契約を締結し、工業用各種ベルト、ゴム・プラスチック成形品、油空圧用ホース・チューブ製品の販売開始。
1971年
昭和46年
姫路営業所を開設。
1976年
昭和51年
本社ビルを新築し、事務所・倉庫を拡大。
敷地面積330㎡、建築面積600㎡3階建。
1980年
昭和55年
神戸市内に樹脂ホースアッセンブリー協力工場を開設。
1988年
昭和63年
広島市内に樹脂ホースアッセンブリー協力工場を開設。
1989年
平成元年
ニッタ株式会社のグループに参加。
2003年
平成15年
ニッタ株式会社100%子会社。
2004年
平成16年
大阪営業所を開設。
2007年
平成19年
神戸環境マネジメントシステム(KEMS)ステップ1 認証取得
2010年
平成22年
姫路営業所を加古川へ移転し、加古川営業所とする。
2013年
平成25年
大阪営業所を移転
2014年
平成26年
サービスセンター(ベルトの現場エンドレス)を開設