社長挨拶

 

成熟化した産業社会において、あらゆるモノやコトに共通して言えることは、わずか数パーセントの違いがそのモノの価値を大きく左右するということです。

年々スピードを速める技術革新、時を待たずに高度化する情報ネットワーク、目まぐるしい変動の中で、私たちはお客様に何ができるのか、何をしなければならないのか。
そう考えたとき、答えは、人も製品も技術もすべてが、ほかとの数パーセントの違いを模索して確立し、そして提供することに相違ありません。

弊社はいま、メーカーの高度なシステム構築力や設計開発力との緻密な連携を図り、製品に反映する提案型の活動をしています。
それはほかとは一線を画するものです。しかし、いつの時代においても、さらに一歩先のプラスαを提供したい、しなければならない、という目標は変わらないのです。

 

私たちはそんな想いを胸に、全社員一丸となり、トータルサプライヤーとして邁進しています。

代表取締役社長
下條琢夫

ページの先頭へ