経営理念・ISO

経営理念

コミュニケーションマインド ~ ニッタグループとして ~

関西化工はニッタグループの一員として、メーカーや関連会社と微密で迅速なネットワークを強化し、顧客満足に徹した販売システムを確立しています。

そのバックボーンには、社員それぞれのヒューマニティと創造性を高めるための試みや努力があります。 そうした心の通うコミュニケーションをとることにより、真に価値のあるネットワークを構築し、お客様ニーズに心のこもった対応をしていこうとしています。

NITTAグループ品質・環境・労働安全衛生方針

ニッタグループは、「NITTAグループ行動憲章」を定め「実践書」にて、労働安全衛生マネジメントシステム、環境マネジメントシステム、品質マネジメントシステムをCSR活動の一つとして明確に位置付けしました。 その上で、「品質・環境・労働安全衛生方針」を制定いたしました。 ニッタグループは今後も品質・環境・労働安全衛生の継続的改善を行うと共に、コンプライアンス(法令遵守)を常に念頭に置き、活動を進めてまいります。

NITTAグループ品質・環境・労働安全衛生方針

ニッタグループ(以下「当社グループ」とします。)は、事業活動に統合した品質・環境・労働安全衛生マネジメントシステムを有効に運用し、継続的改善の実行および目的・目標の達せに取り組むとともに、関連法規制およびその他の要求事項を遵守します。

1. 質の高い製品・サービスの提供

当社グループは、質の高い製品・サービスを提供するため、お客様と一緒になって製品開発を進め、環境・安全に配慮した製品作りに取り組みます。

2. 地球環境問題への貢献

当社グループは、地域および地球環境への影響を考慮して、廃棄物の発生量を削減するとともに省資源・省エネルギーを推進し、環境負荷の低減に努めます。また、生物多様性および生態系の保護等を考慮して、環境保護と環境汚染の予防に努めます。

3. 危険ゼロ職場の実現

当社グループは、労働安全衛生リスクを明確にし、「危険ゼロの職場」を目指し、継続的改善を推進します。

4. 継続的な見直し・改善

当社グループは、この方針を達成するため、目的・目標を設定し、実行し、定期的に見直し、継続的に改善を行い、全社員に周知するとともに、社外の要請に応じて公表します。

統合:2004年11月25日
見直し:2019年12月1日
ニッタ株式会社 代表取締役社長 石切山 靖順

品質・環境・労働安全衛生マネジメントシステムの認証を取得

品質への取り組み

品質の継続的改善を図るため、2015年1月にISO9001(品質マネジメントシステム)を認証取得、2018年1月に2015年版(ISO9001:2015)に移行いたしました。

環境への取り組み

環境保全活動の推進を図るため、環境マネジメントシステム(ISO14001:1996)を2015年1月に認証取得、2018年1月に2015年版(ISO14001:2015)に移行いたしました。

労働安全衛生への取り組み

労働災害の削減を図るため、リスクアセスメントを中核とした労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS18001)の構築に取り組み、2015年1月に認証取得、2020年1月にOHSAS18001からISO45001:2018に移行いたしました。

ページの先頭へ